みまもりがじゅ丸®

NETIS

NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)」において、安全・健康管理システム「みまもりがじゅ丸」が登録されました(NETIS登録番号:HK-190006-A)

ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018

第12回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2018」において『ニュービジネスモデル賞』を受賞しました。第11回開催の『ASPIC会長賞』受賞に続き2年連続の受賞となりました。

フィールドで働く方々の「安全」と「健康」をみまもる、
ウェアラブルIoTサービス

建設業、製造業、運輸業をはじめとした多くの業界で、就業者の高齢化と人手不足が進んでいます。現場での安全管理と作業員の健康管理がより一層重要視されるなか、熱中症をはじめとする健康起因事故は依然として後を絶ちません。

NTTPCは、この社会問題解決をサポートするため、IoTサービス「みまもりがじゅ丸」の提供を2017年から開始しました。「みまもりがじゅ丸」は、作業者の「脈拍情報」と「位置情報」を、専用の活動量計と中継機器から取得し、作業者の体調変化をリアルタイムに伝えます。これにより、人手をかけずに作業者の安全と健康の管理を強化することができ、これらのバイタル情報を継続的に確認・分析することで、作業者1人1人の「いつも」の状態をみまもることができます。

熱中症が深刻な問題になっている今、国交省の熱中症対策リーフレット(2019年度版)でも、ウェアラブルデバイスの活用が取り上げられました。
NTTPCのIoTサービス「みまもりがじゅ丸」の導入で、現場の安全・健康管理を高めてみませんか。

みまもりがじゅ丸 全体図

おすすめユーザー

特長

特長1

ひとつの通信機に複数の活動量計を接続!

「みまもりがじゅ丸」では、ひとつの通信機で複数の活動量計と通信させることが可能です。作業者1人につき1台の通信機を導入する必要がないため、導入が容易です。また、カメラや操作画面がないため、運転手や、スマートフォンが導入できない場所へも適用できます。

みまもりがじゅ丸 特長1 概要図
特長2

脈拍 × 位置情報 をリアルタイムに記録

「みまもりがじゅ丸」では、専門の知識がなくても簡単にバイタルデータを活用できるダッシュボード機能が用意されています。リアルタイムで、いつもと違う脈拍の発生を確認したり、特定の作業者が、今どこにいるのかなどを画面上で確認することが可能です。このように、いつもとの違いや発生場所を簡単に振り返ることができるので、業務の改善に活かすことができます。

みまもりがじゅ丸 特長2 概要図
特長3

お客さまサービス × 「みまもりがじゅ丸」

脈拍と位置情報をシンプルで使いやすく提供している「みまもりがじゅ丸」では、API(Application Programing Interface)機能も用意しています。API機能を活用することによって、「みまもりがじゅ丸」で取得した脈拍と位置情報を、お客さまのサービスに簡単に取り込むことができます。例えば、環境温度センサーと「みまもりがじゅ丸」を組み合わせることにより、より高度な熱中症対策サービスを作ることができます。

みまもりがじゅ丸 特長3 概要図

動画

NTTグループにできること

デモンストレーション

  • 管理画面編

  • みまもりがじゅ丸 通信機編

  • スマートフォン編

管理者UI

みまもりがじゅ丸 管理者UI

パンフレット

PDF
「みまもりがじゅ丸」
パンフレット(PDF形式)

本PDFをご覧いただくには、「Adobe®Reader®」が必要です。
正常に開かない場合は、お手数ですが下記より最新版をダウンロード(無償)してから再度お試しください。
最新版の無償ダウンロードはこちら

利用規約

導入事例

まずはお気軽に
お問い合わせください。

関連する事業課題・ITテーマ

NTTPCコミュニケーションズの価値の源は、
技術と人間力。お客さまの必要不可欠なパートナーをめざし、
新たな価値創出への具体的な取り組みを紹介します。

PageTop