InfoSphere®

サービス紹介フレッツ接続ご利用時の注意事項

ご利用時の注意事項

InfoSphereのお申し込みに際しては、事前に下記の項目をご確認ください。

提供エリア

NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ」アクセスサービスの提供エリアを基本としてご提供します。
InfoSphereの最新の提供エリアについては、「提供エリア」をご覧ください。

「フレッツ」アクセスサービスのお申し込み

InfoSphereをご利用いただくには、別途、NTT東日本・NTT西日本との「フレッツ」アクセスサービスに関する契約および料金が必要となります。

接続について

NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ」アクセスサービスは、擬似常時接続であり、専用線接続的な接続状態でご利用いただくことが可能です。ただし、常に接続された状態であることを保証したサービスではありませんので、あらかじめご了承ください。
また、InfoSphereとの接続においても、専用線型接続と同レベルでの常時接続性を保証するものではなく、何らかの原因により接続が切断されることやお客さま側のルータの設定により「フレッツ」アクセスサービスの接続が切断されることも想定されます。接続が切断された場合、網側より再接続することはありませんので、再度、お客さま側から接続を行っていただく必要があります。
なお、本サービスはすべてベストエフォート型のサービスであり、ネットワークの混雑状況などにより、回線速度が大幅に遅くなることがありますので、あらかじめご了承ください。当社では、最高速度の保証や帯域保証などはしておりません。

※ルータやパソコンの電源断や回線断などによりPPPoEセッションが強制終了された場合、数分間から数十分間「フレッツ」への接続ができなくなる場合がございます。これは、NTT局舎側に前の接続プロセスが残っているために起こる事象ですので、その際にはしばらくお待ちいただいてから再接続を行ってください。
※「フレッツ・ISDN」通信ではターミナルアダプタのデジタル通信モード(データポート)経由のみ可能であり、アナログポート経由ではご利用いただけません。また、MP128kbps接続はご利用いただけません。

接続機器について(「フレッツ光」「フレッツ・ADSL」)

ご利用になるパソコンにEthernetインターフェースが必ず必要となります。LANカード、もしくはLANボードをご用意ください。また、接続にあたってはイーサケーブルが必要となります。
複数台のパソコンを接続される際にはブロードバンドルータをご利用いただくこととなりますが、次の要件を満たすものをご利用ください。

  • ダイナミックタイプ/IP1タイプ
    「フレッツ」対応であること(PPPoE接続に対応していること)。
  • IP64タイプ/IP32タイプ/IP16タイプ/IP8タイプ
    「フレッツ」に対応(PPPoE接続に対応)しており、unnumbered接続が可能であること。また、MTUサイズを調整できること。

なお、ブロードバンドルータの機能詳細や、ご利用予定のブロードバンドルータがInfoSphereに対応しているかについては、各メーカへご確認ください。

ご利用開始にあたって

InfoSphereとNTT東日本・NTT西日本の「フレッツ」アクセスサービスをセットでお申し込みいただいた場合を除き、当社では「フレッツ」アクセスサービスとInfoSphereの開通日調整を行うことはできません。
そのため、NTT東日本・NTT西日本の「フレッツ」の工事状況により、InfoSphereの開通が先となる場合がございます。その場合でもInfoSphereの料金は発生しますので、お客さまにおける「フレッツ」アクセスサービスの開通日調整については、十分ご注意ください。

InfoSphereサービス提供範囲

InfoSphere「フレッツ」接続サービスにおいて、サービス提供範囲は下記の通りとします。また、お客さま側ネットワークの構築や運用に関するコンサルティング、およびサーバ構築やそれらのトラブルの対応は承っておりませんので、ご了承ください。

図:責任分界点

利用規約

サービスに関するお手続き

InfoSphereのサービスに関するオンラインでの手続きはこちらから。

NTTPCとともに、
インターネットビジネスを始めませんか?

NTTPCコミュニケーションズの価値の源は、
技術と人間力。お客さまの必要不可欠なパートナーをめざし、
新たな価値創出への具体的な取り組みを紹介します。

PageTop