NTTPCコミュニケーションズの取り組み
お客さま満足度向上の取り組み

サービス品質とサポートへのご要望に対して

西日本地域のデータセンター開設

お客さま

BCP対策として西日本地域のデータセンターを検討してほしい

NTTPCの
取り組み

データセンターサービス『WebARENA® Symphony』では、西日本地域における通信トラフィックの要所、大阪市・堂島地区に「大阪第1サーバセンタ」のサービス提供を2019年8月より開始しました。引き続きサービス品質の強化に努めることでお客さまに選ばれるセンターを目指します。

取り組み内容

大阪データセンターによるBCP対策のサポート

大阪データセンター

NTTPCでは、BCP対策のためのバックアップ拠点としての役割のみならず、近年の低遅延対策のためのシステム2拠点化(東京 / 大阪)が加速している状況をふまえ、西日本地域における通信トラフィックの要所である堂島地区に大阪第1サーバセンタを開設しました。

同センターにおける構内接続や法人向けインターネットプロバイダサービス「InfoSphere®」、VPNサービス「Master'sONE®」等をラックとあわせて契約されることで、信頼性の高い接続サービスを安価にご利用になれます。

まずはお気軽に
お問い合わせください。

PageTop