ホスティングOEM提供サービス

設備投資やリソースの負担を軽減!
20年来の豊富な知見とノウハウで、貴社の事業継続を支援。

ホスティングサービスが日本に根付いて約20年。市場が成熟し、コモディティ化が進むにつれて、サービス収支の面で事業継続が困難になっている事業者も少なくありません。現在の市場は大手事業者とその他の事業者で二極化しつつあり、特にホスティングサービスが主力事業ではない中小規模の事業者は積極的な新規ユーザー獲得に乗り出せていません。

しかし、当然ながら障害対応やハードウェア更改などの設備投資、セキュリティ対策など、エンドユーザーに対する責任は果たさなければならず、利益確保と投資負担の狭間でジレンマに陥っているのが実情です。

そこで、事業継続の新たな選択肢として注目されているのが「ホスティングサービスのOEM」です。自社運営からOEM提供に切り替えることによって、自社の投資負担を軽減し収支改善を目指すことが可能になります。

NTTPCは、1997年から法人向けホスティング事業を20年の長きにわたって展開しており、構築から運用まで経験と実績を豊富に積み重ねてきました。そのノウハウを活かし、現在では多くの事業者のホスティングサービスをOEM提供で支援しています。

ホスティングOEM提供サービス:概要図

おすすめユーザー

サービス導入についてのご相談・お問い合わせはこちら

特長

特長1

ホスティングサービスの運用にかかる投資・リソース負担を軽減!

事業運営に必要な設備投資や人的リソースはすべてNTTPCが提供するため、ハードウェア更改や障害対策、セキュリティ対策などの投資・リソース負担を大幅に軽減。新規ユーザー獲得など、事業収益の改善に注力することが可能です。
新規販売はもちろん、ホスティング事業の縮小、撤退をご検討のお客さまもお気軽にお問合せ下さい。

特長2

20年来のサービス運営に基づいた、豊富なOEM提供実績と移行ノウハウを提供!

ホスティング市場の黎明期から、長年にわたり運営してきたNTTPCのホスティングサービスを、自社のブランドとして提供することが可能です。

また、API連携により、他のシステムとシームレスにプロビジョニング連携が可能です。

さらに自社運営からの移行や他社OEMからの移行についても、豊富な実績に基づくノウハウを通じて安全・スムーズな移行を実現します。

特長3

サービスの安定性と信頼性

NTTPCのIPバックボーンは主要なIXやISPと高速接続するとともに、ネットワーク回線の冗長化や障害時の迂回ルートを確保し、安定したアクセス環境を実現します。

また、震度7クラスへの耐震設計、快適なサーバー環境を維持するための空調設備、サーバーを止めないための停電対策、 複数のセキュリティを備えた堅牢なデータセンターといった充実の設備で、高信頼なホスティングサービスを提供します。

利用シーン

利用シーン1. ISP事業者A社

既存事業の見直しを検討していたA社さま。ホスティングOEM提供サービスに移行したことで、既存ISP事業、および新しい事業へのリソース転換ができた。

ホスティングOEM提供サービス:利用シーン1
ホスティングOEM提供サービス:利用シーン1
ホスティングOEM提供サービス:利用シーン1

利用シーン2. クラウド事業者B社

自社運営のホスティング設備のリプレイスが迫っており、解決策を模索していたB社。ホスティングOEM提供サービスに移行することで、新たな設備を購入をすることなく、必要に応じた分の投資で、ホスティングサービスの運営を継続することができた。

ホスティングOEM提供サービス:利用シーン2
ホスティングOEM提供サービス:利用シーン2
ホスティングOEM提供サービス:利用シーン2

利用シーン3. ホスティング事業者C社

現状のホスティングサービスに不満があったC社。NTTPCのホスティングOEM提供サービスに切り替えたことで、既存のサービスに比べて品質が向上し、C社のユーザー様へ満足のいくサービスを提供できるようになった。また、今まで停滞していた新規の営業活動を積極的に行えるようになった。

ホスティングOEM提供サービス:利用シーン3
ホスティングOEM提供サービス:利用シーン3
ホスティングOEM提供サービス:利用シーン3

サービスインまでの主な流れ

ホスティングOEM提供サービス:特長3

導入事例

関連サービス

  • WebARENA®

    社内システムから事業基盤まで。共用 / 仮想専用サーバー、ハウジングなど、信頼性と拡張性に富んだデータセンターサービス

まずはお気軽に
お問い合わせください。

関連する事業課題・ITテーマ

NTTPCコミュニケーションズの価値の源は、
技術と人間力。お客さまの必要不可欠なパートナーをめざし、
新たな価値創出への具体的な取り組みを紹介します。

PageTop