ニュースリリース

2020.12.01インフォメーションNew!

AIを用いた『文字起こしサービス(ベータ版)』無料トライアル開始~ベータ版サービスの評価を行うモニターを募集開始!

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下:NTTPC、代表取締役社長:田中基夫、本社:東京都港区)は、 AIを用いた文字起こしサービス(ベータ版)の無料トライアルを本日から開始します。あわせてベータ版サービスの評価を行うモニターを募集開始します。

1.背景

ニューノーマル時代における上司と部下のコミュニケーションとして1on1ミーティングが注目されるなか、 コミュニケーション手段としてWeb会議が採用されることで、Web会議の音声に会話メモを作成するためのキーボード音が入ってしまったり、 会話を録音しても後での内容の振り返りが手間であったり様々な課題が発生することがあります。
今後更に上司と部下のコミュニケーションの重要度が高まっていくことから、スマートな1on1ミーティングの実現が求められています。

2.文字起こしサービス(ベータ版)無料トライアルの概要

特長

(1)Web会議向けにチューニングされたAIを用いた音声認識文字起こしサービス
(2)面倒なアドオンソフト(ステレオミキサー)不要でWeb会議の自分/相手の話者を識別
(3)海外6ヶ国語の双方(自分/相手)同時翻訳

img_info_moziokoshi_1201.png

利用シーン

(1)1on1ミーティングでのメモ取り
1on1ミーティングでは、会話の当事者は自分と相手の2人だけ。自分が話していない時は、相手の言葉を聞いていることが殆どです。本サービスでは、文字起こし結果のテキストが会話形式で表示されるため、ミーティング時に会話に集中することが可能です。

(2)言語の異なる方との会話
最近では同じ職場に異なる言語を使用される方がいることも珍しくありません。そのような方とのコミュニケーションをスムーズにするためには言語の壁を超える必要があります。本サービスでは会話を構成する「自分」と「相手」それぞれに対して話される言語(翻訳前の言語)と翻訳後の言語を設定できるため、スムーズなコミュニケーションを補助することが期待できます。

(3)海外セミナー動画の翻訳
海外で開催されるセミナー等では日本語への翻訳がまだ提供されていないケースがあります。本サービスでは、動画コンテンツの音声を対象に文字起こしと同時翻訳を行うことが可能なため、セミナーで発信されている海外の情報の収集を手軽にできるようになります。

3.モニター募集

NTTPCでは、ベータ版サービスの検証を行うモニターを募集します。
・募集開始日:2020年12月1日(火)
・対象:プロシューマー、企業に属しておりAIを用いた業務改善に関心のある方

詳細は下記サイトをご確認ください。

▶文字起こしサービス(ベータ版)無料トライアル特設サイト
URL:https://support.coenote.nttpc.co.jp/hc/ja

4.今後の展望

本サービスの商用提供をはじめ、AIを活用したニューノーマル時代における企業を支えるための各種サービスを提供していきます。

関連するサービス、事業課題・ITテーマ

PageTop