GPU製品 / サービス

AIエッジ

エッジマネジメントサービス

エッジの動作状況と、エッジアプリの「展開と管理」を
最小限の運用負荷で実現する
AI / IoT事業向けの一元運用管理サービス。

エッジマネジメントサービス

POINT
01

リモートで、エッジの状況や
エッジアプリを一元管理

エッジの監視だけでなく、エッジアプリやSIM(予定)の展開と管理を遠隔で実現します。管理者や技術者が現地に向かう必要がないので、移動コストの削減・高所作業などのリスク回避が可能です。

POINT
02

インターネットに接続しない
高セキュリティな通信網

インターネットを経由せず閉域網を経由することで、センサーデータなどの通信秘匿性を高めます。
同時に、エッジがインターネットから悪意あるアクセスにさらされる心配もありません。

POINT
03

スモールスタートが可能で
PoCから割安に利用可能

リモートによるエッジの一元管理が1IDからご利用になれます。
短期間でのスモールスタートや需要に応じた拡張を可能にするエッジ管理基盤の開発が不要となり、本業に注力できます。

AIエッジサーバー

gigabyte

エッジデバイスによって生成されるデータ量が驚異的な速さで増加するにつれて、帯域幅の混雑、スケーラビリティ、処理の遅延、データのセキュリティと整合性、コンプライアンスやプライバシー問題など、企業は多くの課題に直面しています。SupermicroのAIエッジサーバーは、これらの課題を解決し、IoTデバイスからクラウドへの高速通信を提供します。

データセンタ向けサーバーをベースにしたAIエッジ・プラットフォームは、ローカルコンピューティングとAI推論を実行することで、エッジとクラウドをひとつのシームレスなデータ処理プラットフォームに統合します。 また、オプションでIntel® プログラマブル・アクセラレーションFPGAカードや、NVIDIA🄬 GPUもサポートしています。
エッジ・プラットフォームの効率性を高めることで、開発者はIoTアプリケーションとサービスを強化するビジネスロジックに集中することが可能になります。

SYS-E300-9C

  • デスクトップ × 1CPU
SYS-E300-9C
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-E300-9C)

SYS-E200-9B

  • デスクトップ × 1CPU
SYS-E200-9B
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-E200-9B)

SYS-E102-9AP-L

  • デスクトップ × 1CPU
SYS-E102-9AP-L
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-E102-9AP-L)

SYS-1019S-MP

  • デスクトップ × 1CPU
SYS-1019S-MP
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-1019S-MP)

SYS-E300-9D-8CN8TP

  • デスクトップ × 1CPU
SYS-E300-9D-8CN8TP
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-E300-9D-8CN8TP)

SYS-E200-9A

  • デスクトップ × 1CPU
SYS-E200-9A
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-E200-9A)

SYS-E302-9D

  • ファンレス × 1CPU
SYS-E302-9D
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-E302-9D)

SYS-E50-9AP-Wifi

  • ファンレス × 1CPU
SYS-E50-9AP-Wifi
Supermicro公式サイトの情報を見る(SYS-E50-9AP-Wifi)