ICT Digital Column

ICTビジネスに役立つ様々なノウハウ・サービス情報をお届けします

Microsoft®Office 365®が遅い原因とSD-WANを利用した解決方法

  • ネットワーク
  • SD-WAN
  • 業務効率
このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる場面で利用されるOffice 365®ですが、「Office 365®を導入したらパソコンが遅くなった」といった声も聞かれます。
今回は、そんな悩みを少しでも解決するべく、Office 365®が遅くなる原因とその解決策をまとめて紹介します。
せっかくOffice 365®を導入したのにも関わらず、業務効率が下がることがないよう、この記事で理解を深め、スムーズに原因を解決していきましょう。

目次

Office 365®導入後、ネットワーク環境が遅くなる理由

Office 365® を導入後にパソコンが遅くなる1つの原因は、「ネットワーク」が考えられます。SaaSとして提供されるOffice 365®(Outlook・OneDriveなど)はインターネットを介して利用する仕組みになっています。

そのため、インターネットの接続ポイントを本社やデータセンターに1本化していると、ネットワークに負荷かかってしまいます。
会社の規模大きければ、利用する人数も増えるため、通信量に耐えられずネットワークが遅くなってしまいます。

多くの原因はセッション数と伝送データ量の増加

ネットワークの通信量が増えることで、「通信セッション数」と「伝送データ」が増加します。通信セッションとは、通信の開始から終了までを管理する1つの単位のことを指します。このセッション数が多いとパフォーマンスが悪くなり、ネットワーク環境が遅くなるといわれています。

Office 365®は1ユーザーに対する通信セッション数が多いため、プロキシサーバー(直接ネットに接続せず、Webサイトへのアクセスを代理して行うサーバー)を経由したネットワーク形態の場合では、セッションのテーブル数の限界を超えてしまいます。
特に企業では、1つのプロキシサーバーに何台ものパソコンが接続されていることが多いため、同時にOffice 365®を起動したときにセッション数が拡大し、通信速度が遅くなる現象が起きてしまいます。

また、伝送データ量の増加に関しても同様のことが言えます。
伝送データ量とはサーバーから送られてくるデータ量のことで、使用しているサーバーの上限値によって通信速度が変わります。
そのため、新たにOffice 365®を導入した場合、従来のデータ転送量よりも大幅に増加する傾向です。
サーバーにもよりますが、Office 365®を導入前から伝送量が上限ギリギリだった場合、導入後に通信速度が遅くなってしまう可能性があります。
このように、Office 365® が持つ元々のセッション数と、サーバーにかかるデータ伝送量が原因で、ネットワークが遅くなってしまいます。

SD-WANの利用で特定の通信を迂回でき通信が速くなる

「Office 365® 導入後にネットワーク環境が遅くなる」問題を解決する方法として、「SD-WAN」の利用がオススメです。
SD-WANとは「Software Defined WAN」の略称で、日本語では「ソフトウェア定義型広域ネットワーク」と呼ばれています。
文字通り、ソフトウェアを介してアプリケーションやツールの経路(ネットワーク経路)を一括管理できます。
例えば、Office 365の通信のみ、各拠点のエッジ装置から直接インターネットへ通信させることが可能です。これによりセンター拠点への過剰なトラフィックの集中を防止できます。

低コストで導入でき、通信速度・拡張性に優れたネットワーク【SD-WAN】

各アプリケーションのトラフィックも可視化できる

SD-WANの導入メリットは、通信速度が速くなるだけではありません。
ソフトウェアで一括管理することで「いつ」「どのアプリケーションが」「どの程度の通信料で使用されているか」などのトラフィックを可視化することもできます。
また、トラフィックを可視化することで、「遅くなった」「いきなり繋がらなくなった」といった通信問題対して、事前に迅速な対応が可能になります。

低コストで導入でき、通信速度・拡張性に優れたネットワーク【SD-WAN】

その他Office 365®が遅くなる原因と改善策

Office 365®が遅くなる原因は、ネットワーク以外にもあります。
次の3つの原因について詳しくみていきましょう。

【原因】自動で立ち上がるソフトや不要なアプリケーションが多い

Office 365® が遅くなる原因として、「パソコンの中で無駄にソフトウェアが動いている」「ほかのアプリケーションを同時に多く起動している」「ウィルスソフトが常に外部と通信している」などの理由が考えられます。

【解決策】不要なソフトとアプリケーションをアンインストールする

Windowだと【スタートメニュー】→【コントロールパネル】→【プログラムと機能】または【プログラムのアンインストール】でインストールされているソフトが表示されます。不要なソフトを選択し、右クリックで「アンインストール」の実行ができます。

【原因】LANケーブルの状態や通信速度の状況が悪い

有線LANの場合、LANケーブルが劣化している可能性があります。
LANケーブルを、曲げたり、強い圧力をかけた状態で利用をしているとLANケーブルが破損し、通信速度が遅くなる場合があります。

また無線LANの場合は、使用しているインターネットの通信速度に対応できていない可能性があります。例えば、最大ダウンロード速度1Gbps(1000Mbps)のインターネット回線を利用している場合、無線LANの対応が100Mbpsまでであれば、通信速度が遅くなります。5年くらい前の無線LANを利用している場合、遅延が発生する傾向です。

【解決策】LANケーブルやルーターを買い換える

有線LANケーブルが断線・絡まっていないか等確認しましょう。
破損している場合は、必要であれば、買い替えをおこないましょう。

無線LANの通信が遅い場合は、試しに有線LANでインターネットに接続してみ下さい。もし、速度が改善する場合は、利用している無線LANが速度に対応していない可能性があります。新しくルーターを買い換える必要があります。

【原因】Excelの初期設定が合っていない

Office 365®にあるアプリケーション(ExcelやWord)を立ち上げる時、時間がかかってしまうことがあります。原因として考えられるのは「GPU」と「CPU」の2つです。
GPUは、コンピュータの制御・演算・画像や動画などの膨大な計算、情報の処理に適しています。CPUは、HDDやメモリ・OS・プログラム・キーボードなどを含むコンピュータ全体から送られてくる情報を処理するのに適しています。

Excelは初期設定でGPUになっていますが、大きなデータを使う必要がなければ、CPUの設定に変更したほうが、早く処理されます。

【解決策】アプリケーションをCPU処理設定に変更する

CPUへの変更手順は次のとおりです。
5つの手順で、GPU設定からCPU処理設定に変更することが可能です。
是非試してみてください。

  1. ステップ1.Excel(Word)を開く
  2. ステップ2.「ファイル」をクリックしメニュー1番下「オプション」をクリック
  3. ステップ3.左メニューの「詳細設定」をクリック
  4. ステップ4.「ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする」にチェック
  5. ステップ5.右下のOKを押して終了

まとめ

Office 365®が原因で起こる速度遅延には様々な原因が絡み合っています。
ネットワークの遅延が原因であれば、解決策としてSD-WANを導入するのがおすすめです。このシステムを導入することで、Office 365®に対して特定の通信経路を作り、迂回させることで通信が速くなるというメリットが生まれます。
また、ネットワーク以外が原因であれば、周囲の機器環境やパソコン内のデータや設定を見直してみるのがよいでしょう。

関連のオススメ記事
PageTop