PARTNERSパートナー紹介

音×AIのスペシャリスト 人工知能を活用して音を可視化する

Hmcommは、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)発のテクノロジー・カンパニーです。
産総研発のスタートアップ企業として、ディープラーニングを用いた音声認識処理・自然言語解析処理技術のプラットフォームと、異音検知ソリューションを提供します。

強み

AIによる異常音検知を社会に浸透させる

当社は産総研発ベンチャーとして、「音×AI」を中心とした音声認識、異音検知の両方について、事業を展開しております。
近年、スマート保安や予兆検知、故障検知といったAI異音検知のニーズは、年々高まっており、当社が培ってきた独自技術により、課題解決が可能です。
AI異音検知とは、機械やモノ、生物が正常稼働している場合の音と、異常な状態になっている場合の発する音を機械学習させることで、安定的なモニタリング、異常発見、予兆検知などに役立てる技術です。音(非構造データ)をAIで扱うことは難しく、他社優位性のある技術となっています。
熟練技術者が保有する経験 / 勘の定量化や、現場業務におけるAIによる置換 / 省力化、24時間365日による安定的な異常検出といった領域でのビジネス展開が期待される技術です。

FASt-D_2

得意分野・実績

製造業
製品出荷検査における聴覚検査の完全自動化
検査工程の完全自動化を見据えた際に、ヒトによる聴覚検査工程がボトルネックになっていると同時に、作業者ごとに検査品質の差があることが課題となっている。聴覚検査をAI化することにより、スマートファクトリーの実現を目指している。
メンテナンス業
AIによる24時間365日の巡回点検代行
現状では、機械室での故障検知は壊れるまでできておらず、日々の保守点検作業に対する負荷が高い状態となっていると同時に、熟練が必要なことから後継者不足が課題となっていた。機械室の異常音検知をAI化することにより、非属人的かつ省力化をしながら現場の状況把握を実現することができた。
畜産業
豚のせき・くしゃみ音検知による疾病予防
現状では、熟練した職人や獣医の耳で豚の咳くくしゃみから呼吸器系疾患の兆候検知や発情状況の確認を行っているが、職人・獣医の専門的なスキル、経験が必要なことから後継者不足が課題となっていた。AIの活用により、検査品質の安定化、省力化、安定的な状況把握を実現した。
広告業・防犯業
足音からの人数推計
ヒトの歩行音を利用した人数推計について、実用性のある精度を見込むことが出来るようになったことから、デジタルサイネージ前の交通量や歩行速度検知による街頭広告の効果測定、さらに防犯領域への活用を実現している。
ヘルスケア・看護・介護業
[研究中]心臓音、肺音等における異常検出
心雑音や肺音については、音による異常検出と親和性が高いことがHmcomm独自研究を通して判明してきている。本手法を確立することで、医療リソースの軽減と、安定的な健康状態(心臓音、肺音の状況)把握に転用可能な技術となると考えている。

関連リンク

企業タグ

AI/IoT開発自然言語処理音声認識・解析予測・検知