PARTNERSパートナー紹介

「AI・マルチエージェント技術」で世界のあらゆる課題解決を実現する

AGREEBIT株式会社は、国立大学法人京都大学・国立大学法人名古屋工業大学発スタートアップ企業です。AI・エージェント開発 / 分析事業や、AI に関連する人材教育事業を手がけています。
持続可能な世界を実現するため AI エージェント技術を社会に提供し、世界の課題、国の課題、地域の課題、企業の課題などの解決への貢献を目指してまいります。

強み

国内初、世界的にも唯一となる、AIによるファシリテーション支援を実現

D-Agreeは国内初、世界的にも唯一となる、AIによるファシリテーション支援を実現した、インターネット上の議論・合意形成支援をするオンラインプラットフォームです。
AI・集合知研究において国際的権威者である伊藤孝行(京都大学大学院情報学研究科教授、情報処理学会フェロー等)研究室の研究成果をもとに開発。国際特許(国際出願番号 PCT/JP2019/31183)を取得しています。
人工知能が自動的に議論のファシリテーションを行うため、時間の制約を受けずに、大規模な意見集約が可能になります。またAIによる議論炎上防止フィルターがリスクマネジメントを行います。集まった意見は、AIにより解析され、議論内容の抽出、構造化、分析が行われ、さらに議論を深めることができます。

内閣府グローバルアクセラレーションプログラムで採択。
国内の教育機関や行政、また海外で導入加速。
注目のスタートアップとして数々のプログラムやアワードで受賞しています。


得意分野・実績

オンラインイベント・ミーティング
AIファシリテーション・プラットフォームの活用方法は無限大。
新型コロナウィルス対策でオンライン開催となったイベントやミーティングでの、スムーズなコミュニケーションの促進に有用。
教育機関
今後、本格導入される「探究学習」への活用も進んでいる。
AIによる中立なファシリテーション機能を活用し、新しい授業のあり方を、高校や大学、大学院など教育機関と連携しつつ検討中。
官公庁・行政
スマートシティや、オンラインタウンミーティングなどで⾏政で実証実験を開始。
例えば、従来のタウンミーティングでは時間や場所の都合で⾏けなかった⼈に参加してもらうことや、オンラインだと議論が活発にならないことや合意形成が進まないことがある、といった課題に対して、オンライン上での活発な意⾒交換と合意形成の有効性を検証中。

メンバー紹介

企業タグ

AI事業者予測・検知データサイエンス