上りトラフィックに強いセキュアなIoT/M2M通信ならMaster'sONE® モバイルM2M

お問い合わせ

お知らせ

  • モバイルM2M
  • お知らせ
  • 2019.03.07 新機能リリース 通信量クーポン自動適用機能とトリガーアクション機能をリリースしました。
2019.03.07新機能リリース
通信量クーポン自動適用機能とトリガーアクション機能をリリースしました。

株式会社NTTPCコミュニケーションズ(代表取締役社長:田中 基夫 本社:東京都港区、以下NTTPC)は、「Master’sONE モバイルM2M」において、通信量クーポン購入を自動化する「通信量クーポン自動適用機能」、並びに通信制御発動をメール通知する「トリガーアクション機能」の新機能を本日より提供開始します。今回提供開始する新機能は、SIMの運用に伴う管理者の負荷を軽減し、迅速な運用対処を可能にします。

クーポン自動適用機能

SIMの通信制御が発動しても、あらかじめ設定しておいた通信量クーポンを自動で適用できる機能です。従来まで、通信量クーポンを手動で適用していた作業を自動化でき、管理者の運用稼働を軽減する事ができます。 また、SIMグループごとに通信量クーポンの自動適用・枚数上限設定が可能となり、手間をかけずに通信コストを無駄なくご利用になれます。

トリガーアクション機能

通信制御発動や通信量クーポンの失効など、設定しておいたトリガーが発生すると管理者宛てにメール通知する機能です。これまでは、管理者が能動的に通信制御発動等を確認する必要がありましたが、トリガーアクション機能により、予期せぬ通信制御や意図しない通信量クーポンの購入などをメールで検知できます。 これにより、通信停止などの速やかな対処が可能になります。

NTTPCは、今後もお客さまが使いやすいサービスを開発、提供してまいります。今後とも、Master’sONE モバイルM2Mをどうぞよろしくお願いいたします。