動画CMにあの人気ナレーターが特別協力!トップクルーズとは?

リモートワーク環境に対応し、従来の経理業務をグンと時短にする、
総務と経理の働き方改革サービス!

  • 通信費の取りまとめ・一括支払いによる業務効率化
  • 通信費の見直しによるコスト適正化を素早く実現
  • 経理システムとのデータ連動により、
    経理会計業務の負荷を軽減します。

トップクルーズのサービス紹介動画

  • 20秒ですぐ分かる!
    トップクルーズの凄さ

  • 利用シーンで詳しく知ろう!
    トップクルーズの便利さ

職場環境に
依存しない!

経理の業務が
グンと減る!

いま、トップクルーズが
人気の理由は?

  • 理由
    01

    複数の請求書を1枚におまとめ、経理処理は月1回!

    • 経理処理の手間、ファイリングの手間、倉庫保管料の削減
    • 請求書電子化で、ペーパーレス化、リモートワークを実現
  • 理由
    02

    請求情報はクラウドで一元管理!

    • 回線管理が一目瞭然
    • 電子データを集計加工し、収支分析・利用料按分
    • 閲覧権限管理で、セキュアな請求データ共有が可能
    • すばやく契約を見直し、通信コスト削減
      (割引モレ回線、遊休回線候補の調査)
  • 理由
    03

    自社会計システムとスムーズにデータ連携

    • 請求明細から自社ルールに沿った勘定科目へ自動仕訳
    • 仕訳作業が従来より削減

トップクルーズ特長・導入
メリットすぐわかる!

導入検討BOOKを
ダウンロード

導入事例と導入効果

事例1
通信事業者の経理部門

10社以上の請求書をトップクルーズで一本化、
支払業務を効率化し部署ごとの費用按分もスムーズに。

  • 各社の請求書一本化により支払業務の稼働を削減

    支払期限や口振日が異なる請求書がバラバラで届く…その処理だけでも大変だった。

    • 支払日が月に一度になり、稼働ロスが大幅削減!担当者も計画的に休日取得が可能に。
    • 請求書の電子化により、リモートワークに対応。職場環境の整備へ一役買った。
  • 部門ごとの費用振替を自動化

    代表回線の毎月の利用料金をExcelで部署人数比率で利用料を集計し、振替伝票を作成していた。

    • 0.01%単位であらかじめ回線按分比率を設定可能。回線利用料の部署毎への振り替えが自動で楽々。
    • 請求書単位で振り替えをしていた頃は、2~3日かかっていた作業も、データのダウンロードだけで完了。
  • 集計データを使った報告書作成が即座に完了

    バラバラのデータを人力で集計していたので、分析に時間をかけていた。

    • 1つの回線番号に対して、最大5つのコードを設定できるので、収支分析ツールとして活躍。
    • 企業競争力に直結する原価計算作業も、データの並び順の設定と、データのダウンロードだけで完了。
  • 未使用回線・高額利用回線が簡単に抽出可能

    紙の請求書を綿密に調査するなどして、利用料金が高額になっていないかチェックしていた。

    • 簡単な操作で検索可能になり、問題点を探しやすくなった。
    • Web上からダウンロードできる「回線別・組織別の年次レポート」を活用し、利用プランの見直しを実施。

事例2
大手生命保険会社の情報システム部門

数千回線の通信費の支払処理が1日で完了。
経理システム連携により、プロジェクト単位の収支計算がスムーズに。

  • 通信費請求書の仕分け、支払業務の合理化により1日で完了

    全国各支店の回線や社員の携帯電話等の請求書処理が煩雑で、本来の業務に支障をきたしていた。
    新規回線なのか、どの部署で利用しているのか開封しないとわからず、膨大な枚数の請求書確認が大変だった。

    • 請求書を開封しなくても新規開通回線もWeb上ですぐに確認可能。利用部署の調査と登録で完了。
  • NTT等の納付書(支払依頼表)形式の請求書の削減により、支払稼働を削減

    納付書(支払依頼表)形式の請求書が、オンラインバンキングに対応していないため、毎月支払日毎に、10センチ以上の厚さとなる納付書を銀行に持ち込んで処理が必要だった。

    • 銀行持ち込みや資金移動等の支払にかかる稼働だけでなく、ペーパーレス化を実現できた。
  • クラウド上で回線の一括管理により、プロジェクト毎のコストが明確化、リプレース時の解約漏れ防止にも

    プロジェクト単位で費用計上が必要だが、アクセス回線や上位のVPN回線、固定資産の管理がバラバラで、コスト集計作業に稼働がかかっていた。

    • 回線番号と同時に購入した固定資産番号を紐づけることで、プロジェクト毎の費用が算出可能。
    • 一括管理を行うことで、リプレース時の解約漏れ防止にも役に立った。
  • 勘定科目設定を行った回線情報を自社経理システムへデータ連携、仕訳を自動化

    通信会社から請求される工事料やルータ等の購入機器は通信料とは別の勘定科目で仕訳する社内ルールがあり、請求明細を目視確認していた。

    • 請求明細に応じた科目設定により、CSVファイルで会計システムへ一括データ連携が可能に。手作業から解放された。

トップクルーズ特長・導入
メリットすぐわかる!

導入検討BOOKを
ダウンロード

導入の手引き

  • 01

    申込手続き

    直近1カ月分の請求書コピーをご準備いただき、お見積りいたします。
    当社が定める「トップクルーズ利用規約」に基づきお申し込みを承ります。
    当社の定める審査基準に適合しない場合、サービスのお申し込みに際し別途条件をご提示いたします。

  • 02

    各通信事業者への各種手続き変更

    貴社宛てに届いている、請求書の送付先変更ならびに請求明細データの提供方法を確認し、当社で処理可能な仕様に変更いたします。
    ※委任状提出いただき、各通信事業者の貴社担当を教えていただければ、当社で手続きを代行致します。

  • 03

    データの管理方法、
    カスタマイズデータの仕様の設定

    お客さまのご要望に合わせた、部課・組織・用途等費用負担先の設定、経理システムや自社管理フォーマットの設定を行います。

  • 04

    運用開始

    マニュアル提供、Web操作説明などを行い、ご利用時のご不安を解決いたします。

よくあるご質問

利用料はかかりますか?

はい。お客さまがご利用している通信キャリア、回線数、請求総額等により算出させていただきます。詳細はお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

取り扱う請求書の枚数が少ないのですが、利用できますか?

はい。お客さまのご状況に合わせた最適な料金プランをご案内します。

請求書や請求明細データのWeb保管に上限はありますか?

はい。直近から遡って、13カ月分のデータを保管しています。

主要なキャリア以外の請求も取り込めますか?

はい。NTTグループはもちろん、マルチキャリアのサービスや電気・ガスなどの公共料金が取り込めます。(ただし、公共料金は、利用会社により取り込めない場合があります。詳細は別途お問い合わせください)なお、このほかに、請求書の宛名変更ができ、支払期限に間に合う請求書であれば、取りまとめることもできます。

どのような支払い方法がございますか?

口座振替と銀行振込のうち、どちらかをご選択いただけます。

導入までにどれくらいかかりますか?

お客さまのご利用サービスにもよりますが、ご契約後、約2~3カ月でご利用可能です。

最低利用期間はございますか?

はい。最低利用期間は1年間です。途中解約の場合、基本料金×残期間の料金が発生いたします。

トップクルーズのWeb利用環境を教えて下さい。

お客さまにご用意いただく環境は、下記のインターネットに接続可能な端末とソフトウェアとなります。
・OS : Windows最新版
・ブラウザ : Internet Explorer 5.5 〜 Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefox 最新版
・その他ソフト(※電子請求書ご利用時): Adobe Reader 最新版

自社会計システムとの連携はできますか?

はい。可能です。会計システムに取り込むためのCSVファイルを、トップクルーズからダウンロードし、貴社の会計システムに取り込んでいただくことで、連携が可能です。そのため、サービス利用開始前に、ファイル連携時に必要なデータ項目・仕様・仕訳ルールを一緒に確認いたします。

さらに、光回線の手配・管理を楽にしたい方はこちら

社内回線管理をさらに効率化できる!