Master'sONE CloudWAN
新型コロナウイルス感染症対策で
在宅勤務の環境構築を迫られるいま
Master'sONE CloudWANセキュアパッケージ
快適なテレワーク環境

拡張性の高いテレワーク環境を導入中堅・中小企業向け

Master'sONE CloudWAN
快適なテレワーク環境を構築
新型コロナウイルス感染症対策で、
在宅勤務構築を迫られるテレワーク環境を

テレワーク環境の導入にあたって
こんなお悩みや不安、
課題などありませんか?

テレワーク環境を導入したいが、何から手をつけていいのか分からない
せっかくなら、拡張性のあるテレワーク環境を構築したい
セキュリティ面が心配だからテレワーク導入に踏み切れない
在宅環境から一斉に社内システムにアクセスされるとネットワークが遅くなると心配
Master'sONE CloudWANセキュアパッケージで

快適なテレワーク環境を構築

SERVICE

拡張性のあるテレワーク導入を
まるごとおまかせ

自宅のインターネット環境から、次世代VPN 「Master’sONE CloudWAN」経由でセキュアに社内システムへリモートアクセス。
社内ファイルサーバーや業務アプリケーションへ接続し、社内と変わらぬ作業を実現するテレワーク環境を構築。

  • マトリクス認証(ワンタイムパスワード)や
    IDロック機能などのセキュリティ機能を搭載

    在宅勤務環境からでも
    安心安全にリモートアクセス

  • SD-WAN×IPoEのMaster’sONE CloudWANで
    社内システム接続を実現

    低遅延なIPoE接続だから
    輻輳しづらく、より快適!

  • 社内システム側も在宅勤務側も
    特別な設定工事は不要

    迅速なテレワーク環境が
    構築可能

安全&軽快なテレワーク環境を
丸ごとおまかせ

  • 在宅勤務環境からインターネットに接続し、セキュアな認証とVPN-GW経由で社内システムにアクセス

    インターネット接続環境から、マトリクス認証(ワンタイムパスワード)+VPNのGW(ゲートウェイ)経由で社内システムやクラウドサービスにセキュアにアクセスすることが可能です。管理者は万が一の際には遠隔からロックすることも可能です。また、自宅等のテレワーク環境に特別な機器や工事は必要ありません。

  • 接続先の会社側の拠点での面倒なVPN設定は不要!
    Master’sONE CloudWANなら
    ゼロタッチプロビジョニングで現地作業も開通!

    リモートアクセスの接続先となるお客さま拠点にMaster’sONE CloudWANを終端するためのエッジ装置は、NTT東西のフレッツ回線に接続するだけのゼロタッチプロビジョニング(ZTP)で簡単設定!すぐにご利用いただけます。
    また、シンプルなコントロールパネルで簡単に拠点追加の申込やトラフィックの可視化などネットワーク管理が容易です。

  • Windows Update/Office 365の通信を迂回させ、
    軽快なテレワーク環境を実現

    Windows UpdateとOffice 365のトラフィックを、センター拠点を介さずに、閉域ネットワーク内のインターネットオフロードGWを経由して通信させることで、テレワーク環境からのアクセス集中が予想されるセンター設備の輻輳を回避します。Windows Updateの通信速度を一定に制御しているため、Office 365の通信を圧迫しません。

    ※別途、インターネットオフロードGWプランの契約が必要です。
    詳しくはお問い合わせください。

Master'sONE CloudWANセキュアパッケージで

より速く快適な
テレワーク環境を構築

SERVICE

料金

Master’sONE CloudWAN
セキュアパッケージ

初期費用
0
月額料金/拠点
19,000

(税別)

セキュアリモートアクセス

初期費用/1ID
3,000
月額料金/1ID
1,500

(税別)

■Master’sONE CloudWANセキュアパッケージについてのご注意事項
※初期料金に、オーケストレーター初期設定料金、エッジ装置送付料金、閉域ネットワーク設定料金、制御通信用ISP設定料金が含まれます。 (エッジ装置のオンサイト取付工事は含まれておりません。)
※月額料金に、オーケストレーター利用料金、エッジ装置利用料金(センドバック保守)、閉域ネットワーク利用料、制御通信用ISP利用料が含まれます。
※Master’sONE CloudWANセキュアパッケージの詳細はこちらをご確認ください。

■セキュアリモートアクセスについてのご注意事項
※お申し込みは10IDからとなります。ID追加につきましても10ID単位で承ります。
※上記料金に関しては、VPN接続費用、マトリクス型ワンタイムパスワード(ユーザ認証機能)、カスタマコントロール利用料、保守料金が含まれます。
※セキュアリモートアクセスの詳細はこちらをご確認ください。

■両サービスともに、最低利用期間内(1カ月間)に利用契約の解除を行った場合は、解約違約金が発生します。

FAQ

よくある質問

  • Q1.テレワーク環境を構築するにあたり、Master’sONE CloudWANを何契約すればよろしいですか。

    リモートアクセスの接続拠点となるお客さまシステムが1拠点の場合は、Master’sONE CloudWANを1契約導入してください。
  • Q2.例えば従業員20名の自宅から、東京本社の社内システムにリモートアクセスさせる場合、どのような契約となりますか?

    東京本社の拠点にMaster’sONE CloudWANを1契約、従業員向けにセキュアリモートアクセスを20ID契約となります。
  • Q3.リモートアクセスが可能な端末はPCだけですか?スマートフォンにも対応していますか?

    WindowsPC、iOS/Androidのスマートデバイスに対応しております。
  • Q4.なにか特別な機器などを別途用意する必要はありますか?

    リモートアクセスの接続先となるお客さま拠点にMaster’sONE CloudWANを終端するためのエッジ装置を設置します。エッジ装置は弊社にて用意のうえ配送いたしますので、ご契約済みの「フレッツ」回線に接続するだけです。なお、エッジ装置の費用はMaster’sONE CloudWANの月額費用に含まれております。
    また、自宅等のテレワーク環境側では、特別な機器等は必要ございません。インターネット環境のみご用意ください。
  • Q5.社内システムへリモートアクセスするためのセキュリティが心配なのですが・・・

    社内システムへのリモートアクセスには、Master’sONE CloudWANの閉域ネットワーク経由となります。また、自宅等のテレワーク環境からアクセスする際には、マトリクス認証(ワンタイムパスワード)+VPN-GW経由にて、セキュアにアクセスします。
    また、万が一にテレワーク環境の端末が紛失・盗難したり、社員が急遽離職した場合などにはアカウントロックし、アクセスを遮断することが可能です。
Master'sONE CloudWANセキュアパッケージで

より速く快適な
テレワーク環境を構築

Masters’ONE CloudWAN
セキュアパッケージ

注意事項

  • 本サービスは日本国内のみで提供します。※最低利用期間は、利用開始日より1カ月間です。
  • 弊社サービス開発状況により、提供開始時期や提供オプションの詳細が変わることがあります。
  • NTTPCでは、オーケストレーターおよびコントロールパネルを故障監視しております。故障を検知した場合はサービスサイトへの掲載、およびコントロールパネルで設定された「故障発生時連絡先」へのメール通知を実施します。
  • エッジ装置についてはお客さまにて、コントロールパネルから監視設定を投入してください。
  • 本サービスはSLA(サービス品質保証制度)の設定はありません。
  • アクセス回線はお客さまにてご用意ください。(料金表には含まれておりません)
  • 対応するフレッツ回線種別は「フレッツ光ネクスト ファミリータイプ系」となります。「フレッツ光ネクスト マンションタイプ系」 および 「フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ系」ではご利用になれません。
  • ご利用されるお客さま「フレッツ」回線には、「v6オプション」のお申し込みが必要となります。
  • Masters’ONE CloudWANセキュアパッケージの詳細は以下のサイトにてご確認ください。https://cloudwan.nttpc.co.jp/