用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【munin】

  • ムニン

 情報システム(主にサーバー)の状態をグラフ化して見やすくするツール(プログラム)。サーバー監視ソフトやモニタリングツールと呼ばれるもののひとつ。munin と書いて「ムニン」と読むのが一般的。また、Munin や MUNIN と表記されることもある。

 現在、ほとんどの情報システムは、その状態や使用状況が自動的に記録されるようになっている。この記録を、ログという。ログが残るのは便利だけど、数値の羅列だと状況を感覚的に把握しづらい。

 そこで、こうしたログをどんどんグラフにして見せてくれるのが munin というプログラムだ。

 分かりやすい例だと、CPU やメモリーの使用率がある。これを見ることで、もっと性能の高い CPU が必要だとか、メモリー容量を増やした方がいいといった判断が容易になる。

 あるいは、ウェブサイトやデータベースのアクセスログをグラフ化することも可能だ。これによって、どの時間帯にアクセスが多いとか、ピーク時に対応するために、どのくらいの性能のサーバーや回線が必要といったことも見えてくる。

 なお同時に、サーバーや CPU の使用率が一定レベルまで行ったら警告を発する機能も重要だ。しかし、それには別のソフトウェアやツールを使うのが一般的。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top