用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【disk】

  • ディスク

 パソコンの説明書などに、「ディスクからデータを読み出す」とか「ディスクに保存する」といった説明があったら、ほとんどの場合、フロッピーディスクかハードディスクのことだと思っていい。ただし、読み出す場合はCD-ROMのこともある。

 ディスク(disk)は本来、「円盤」という意味。コンピュータの世界では、磁気を帯びた円盤(磁気ディスク)にデータを記録することが多いので、ディスクといえばこうした記憶装置やメディア(実際に読み書きする媒体)を指すようになった。

 現在のフロッピーディスクは、四角いプラスチックのケースに入っているので円盤といわれてもピンとこないかもしれない。だけど、中に円盤が収まっていて、その円盤にデータを記録している。ハードディスクも、密閉された箱の中に金属やガラスの「硬い円盤」が入っている。

 このほか、MOは光磁気ディスクだし、DVDはデジタル・バーサタイル・ディスクの略。CD-ROMのCDは、コンパクト・ディスクの略だ。CD-ROMやDVDは、磁気でデータを保存しているわけではないけど、データを記録してある円盤という意味で、やはりディスクだ。

 なお最近は、サーバーやインターネット上にあるハードディスクのことを単にディスクと呼ぶこともある。この場合、本来のハードディスクという意味より「データを保管する場所」といったニュアンスで使われることが多い。ただし、このような場合はストレージということもある。

dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top