用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【bps】

  • ビーピーエス

 1秒間にどれだけのデータを送ったり受け取ったりできるかを表す単位。これを通信速度といって、インターネットへ接続するときにも、よく出てくる数字だ。この数字が大きいほど、ホームページの表示も、電子メールの送受信も、ソフトのダウンロードも速い。

 かつて、普通の電話回線(アナログ回線)でインターネットに接続するのが普通だったころ、通信速度はおおむねモデムの性能できまった。アナログ回線に対応したモデムは最終的に 56,000bps で落ち着いた。これを、56kbps とも書く。つまり1,000=1k(キロ)で、km や kg と同じ。

 次に普及したのが、ISDN だった。ISDN だと、一般的な設定で64kbps、条件を合わせると128kbps までいった。その後、ADSLという技術が普及し、アナログ回線で数十Mbps という高速通信が可能になった。M(メガ)は100万という意味。

 今は、光ファイバーが普及して、家庭でも 100Mbps の通信速度が得られるようになっている。

 このほか、LAN(コンピュータ・ネットワーク)に接続されたパソコンや周辺機器の間も通信速度が決まっていて、やはり bps で表す。携帯電話やスマートフォン、タブレット端末などのデータ通信も同様だ。もちろん今は、Mbps という単位を使うのが一般的。

 さて、bps はビット・パー・セカンド(bits per second)の略で、秒あたりのビット数ということ。日本語らしく書けば「ビット毎秒」となる。ビットは、コンピュータが扱うデータの最も基本的な単位。

bの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top