用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Windows Media Audio】

  • WMA
  • ウィンドウズ・メディア・オーディオ

 基本的には、ウィンドウズ・メディア・テクノロジーという技術に対応した、音楽データなどを圧縮する方式。あるいは、この方式で圧縮されたファイル(データ)を指すこともある。

 ウィンドウズ・メディア・テクノロジーは、マイクロソフトが開発したストリーミング技術。つまり、インターネットなどを通じて音楽や映像を流したりラジオ放送などができる仕組みだ。

 で、音楽や声を、そのままインターネットで流すとデータ量が多いので送信に時間がかかったり途切れたりする。そこで、送る前にデータを圧縮する。つまり、データ量を小さくする。WMA は、この圧縮方式のひとつで Windows Media Audio の略。

 ただし最近は、MP3やATRAC3などと同様の、音楽データ圧縮技術として WMA という言葉を目にする機会が多い。ウィンドウズ・メディア・テクノロジーに対応したソフト、ウィンドウズ・メディア・プレーヤー7以降を使うと、音楽データを WMA方式で圧縮することができる。

 また、MP3対応の携帯型プレーヤーの中にも、WMA形式の音楽データを取り込んだり再生できる機種がある。

 なお、同じくウィンドウズ・メディア・テクノロジー対応の映像(動画)を圧縮・配信する技術として、WMV も普及している。

Wの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top