用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【VRRP】

 ルーターの故障に備えた対策のひとつ。使用中のルーターにトラブルが発生すると、自動的にバックアップ・ルーターに切り替わる。

 VRRP は、Virtual Router Redundancy Protocol の略で、日本語にすると「仮想ルーター冗長プロトコル」といった感じ。

 ルーターは、通信ネットワークを相互接続するとき必須の機器。ルーターに障害が発生すると、その先に接続されている機器は通信ができなくなる。これを回避するために考えられたのが VRRP だ。

 仕組みとしては、まず複数のルーターを用意する。今、仮に 2台のルーターがあるとしよう。そして、この 2台のルーターをまとめて 1つの仮想ルーターとする。そして、この仮想ルーターに仮想の IPアドレスを設定して通信に利用する。

 つまり、物理的には 2台のルーターがあるものの、ネットワーク上では 1台の仮想ルーターが動いていることになる。実際には、2台のうちの 1台がマスタールーターとして稼働している。

 そして、マスタールーターに障害が発生したら、自動的にもう1台のルーター(バックアップルーター)が仮想IPアドレスを引き継いで動き始める。これによって、物理的には 2台目のルーターに切り変わっても、同じ IPアドレスで仮想ルーターが稼働している状態を維持できる。

Vの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top