用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【VGA】

  • ブイジーエイ

 ウィンドウズパソコンの画面表示能力に関する規格で、もっとも基本的なもの。かつては、市販ソフトの箱に必要システムとして「VGA対応のディスプレイ」などと書かれていることが多かった。

 具体的には、640×480ドットで16色の表示能力があればいい。現在のパソコンで、この条件を満たしていない機種はまずありえない。むしろ、小型の情報端末の画面サイズを表す言葉として、VGAサイズといった使われ方をすることがある。これは単に、画面の解像度が 640×480ドットという意味だ。

 VGAは、Video Graphics Array の略で、1987年にアメリカの IBM から発売された PS/2 というパソコンに装備された画面表示システムだった。そのため一般に、従来のアナログ形式のディスプレイ接続方式のことを VGA と呼ぶこともある。

 VGA の4分の1サイズの QVGA や、横幅を拡げた WVGA というサイズもある。

Vの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top