用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【URLリスト】

 読んで字のごとく、ウェブサイトの住所にあたる URL を集めてリスト化したもの。ただし、使用目的や URL の集め方によって、さまざまな URLリストが存在する。

 もっとも簡単なのは、特定の目的やテーマで集められた URL を一覧表示したもの。かつての、リンク集と同等のものと思っていい。

 しかし現在では、集めた URL に何らかの付加情報を加えたカタチで提供されている URLリストが多い。

 たとえば、URL のリンク先のサイトがどんな情報を提供しているのか、どんなカテゴリーに属するかといった情報が付加されているケース。

 利用法としては、企業内で社員がどんなサイトを見ているか照合作業に使うことができる。そして、たとえば Aさんは仕事中にスポーツや娯楽系のサイトを開いている回数が多い、といったことが分かる。

 あるいは、アダルトや暴力などの有害サイトから子どもを守るための URLフィルタリングでも、見ていいサイト、あるいは見てはいけないサイトをリスト化している。このリストも、URLリストと呼ばれる。

 URLリストは、一度作って終わりではない。常に最新情報に更新されていることが大切だ。そのため手作業でアップデートするのではなく、自動的に情報収集して更新されるケースも多い。

Uの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top