用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【UDP】

 インターネットや一般的な LAN (コンピュータ・ネットワーク)で使われているプロトコル、つまり通信上の約束事のひとつ。User Datagram Protocol(ユーザー・データグラム・プロトコル)の略。

 インターネットや LAN で一般的なプロトコルというと、TCP/IP が知られている。これは、Transmission Control Protocol / Internet Protocol の略で、パケットと呼ばれる分割されたデータの送受信に使われている。

 インターネットは、確実にデータが届く保証がないため信頼性が低い通信方法と言われてきた。しかし現在では、大事な情報のやり取りにもインターネットが使われていて、トラブルもそう多くない。これは、TCP というプロトコルの信頼性に負うところが大きい。

 TCP には、通信を始める前に送受信双方の相手を確認したり、順番が狂ったり途中で欠落したパケットがないか確認したり、さらには不足しているパケットがあれば再送信を依頼するといった機能がある。

 一方、インターネットや LAN でやり取りされるデータの中には、信頼性より効率や通信速度が優先されるものもある。たとえばリアルタイム性が必要な IP電話、音声や映像の配信などがそうだ。

 しかも、こうした情報は多少のデータ欠落があっても機能上、大きな問題にならないことが多い。そのため、TCP よりシンプルで送受信の効率がいい方法が使われる。これが、UDP と呼ばれるプロトコルだ。

 このほか UDP には、TCP ではできないネットワーク上での同報が可能だったり、頻繁な通知や確認に向くといった利点がある。あるいは、TCP の標準機能ではなく、独自のデータ確認機能を使いたいときも 、そうした機能を UDP に付加することで実現できる。

Uの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top