用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【TVキャプチャユニット】

  • テレビキャプチャユニット

 家庭向けのパソコンのなかには、テレビ番組を見たり、テレビ番組を録画したりできる機種がある。デスクトップパソコンの場合、こうした機能は普通、TVキャプチャボードという拡張ボードで実現している。

 TVキャプチャボードは、周辺機器(内蔵用の部品)としても販売されている。ただし、これが使えるのはデスクトップ型のみ。そして、PCIバスに空きが必要だ。そこで、ノートパソコンや省スペースパソコンなど拡張ボードを組み込めない機種では、TVキャプチャユニットと呼ばれる外付けタイプを使う。

 パソコンの内部には、電源ユニットなど電気的なノイズを出す部品が入っている。映像や音は、こうしたノイズの影響を受けやすい。そのため、外付けの方が映像や音の劣化が少ないというメリットもある。

 また、TVキャプチャユニットは、ビデオキャプチャ機能に対応したものが多い。つまり、ビデオキャプチャユニットを兼ねている。この機能を使うと、ビデオ映像をパソコンに取り込んだり、映像の一部を静止画として取り込んだりできる。

 なお、テレビ番組はパソコンのハードディスクに録画されるので、そのための空き容量が必要だ。テレビ番組のような映像はデータ量が多いので、少なくとも数十GBは欲しいところ。長期保存する必要のない番組は、見たら削除できる。一方、残してきたい番組は、書き込み型DVDなどに移すといい。

 また、テレビを見るためには当然、アンテナをつながないといけない。TVキャプチャユニットの背面にアンテナ線の接続口があるので、そこにつなぐのが一般的だ。

Tの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top