用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【TIFF】

  • ティフ

 パソコンで扱うイラストや写真など、画像データの保存形式のひとつ。TIFF(ティフ)は、Tagged Image File Format の略。画像データの保存形式については、画像形式のページを見てほしい。

 で、いろいろな画像形式があるんだけど、TIFFも数ある画像形式のひとつ。以前は、どの基本ソフトでも扱える形式として、ウィンドウズとマッキントッシュで画像データを交換するときなどに使われてきた。

 ところが、どの基本ソフトにも対応できると言われながら、実際には複数の形式がある。そのため、別のパソコンに移したとき、必ずしも上手く開くとは限らない。TIFF形式で画像を交換するときは、マッキントッシュ用かウィンドウズ(IBM PC)用か、相手のパソコンに合わせて保存しよう。

 最近は、画像処理ソフト(フォトレタッチソフト)が普及して、ウィンドウズで標準のBMP、マックで標準のPICT、あるいはインターネットやデジタルカメラでよく使われるJPEGといった画像形式を、直接やり取りできるようになっている。そのため、TIFFが使われるケースは少なくなった。

 しかし、一部の高性能デジタルカメラでは、JPEGより画像の劣化が少ない保存形式としてTIFFを選べるケースもある。この場合、1枚あたりのデータ容量が大きくなるので、記録できる写真の枚数が少なくなる。

Tの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top