用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【TFT】

  • ティーエフティー

 パソコンのディスプレイなどに使われている液晶画面の種類を表す言葉。以前は、DSTN という方式もあった。

 TFT と DSTN では、画質と値段が違った。もちろん画面を表示する方法というか仕組みが違うんだけど、その結果として画質などの差があった。一般的な感覚でいうと、TFT は画質はいいけど値段が高く、DSTN だと画質はイマイチだけど値段が安かった。

 では、どのくらい差があるかというと、言葉では説明するのは難しい。かつては、ワープロや表計算といったビジネスソフトだけなら DSTN でもいい、しかし写真を見たりゲームを楽しむなら TFT の方がいいというのが目安だった。

 その後、DSTN も工夫されてだんだん画質が良くなった。その成果として、たとえばHPA液晶といったものも開発された。しかしやはり画質に限界があり、その後、DSTN方式の液晶ディスプレイを使うパソコンがどんどん減り、ほとんどの機種がTFT方式になった。

Tの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top