用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【SDRAM】

  • シンクロナスDRAM

 ウィンドウズパソコンで広く使われてきたメモリーチップの種類。いわゆるメモリー(メインメモリー)の部品には、SIMM や DIMM といった種類があって、SDRAM を使ったものは DIMM の形をしている。

 メモリーチップに関しては、DRAM のページも参照してほしい。

 SDRAM は、従来のメモリーチップ(DRAM)よりデータの読み書きが高速化された。そして、CPU がペンティアムでも1枚ずつ追加することができるようになった。

 かつて、ペンティアム以降の CPU を使ったウィンドウズパソコンのメモリーを増やすときは、SIMMタイプのメモリーチップだと同じ容量のチップを2枚ずつ足さないといけないという条件があった。しかし DIMM だと、この制約がない。

 そして SDRAM を使ったメモリー部品は、64MB、128MB、256MB など、当時としては 1枚で大容量に対応していた。

 その後、SDRAM は、DDR SDRAM 、DDR2 SDRAM へと進化している。

Sの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top