用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【RS-232C】

  • アールエスにぃさんにぃシー

 以前のパソコンには、必ずシリアルポートというコネクターがあった。シリアルポートは主に、外付けモデムやデジタルカメラなどを接続するために使われていた。

 シリアルポートには数種類の規格があって、その代表が RS-232C(アールエスにぃさんにぃシー)だった。D-Sub 25ピンと呼ばれるタイプが基本で、横長の台形の中に 25本のピンが立っている。

 しかし徐々に、一般的なウィンドウズパソコンのシリアルポートは D-Sub 9ピンが中心になり、RS-232C対応のコネクターは出番が減った。

 さらに今は、USB などの新しい方式が普及してシリアルポート自体がほとんど役割りを終えている。

Rの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top