用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【RAM】

  • メインメモリー
  • メモリー
  • ラム

 メモリーは、パソコンに入っている重要な部品のひとつ。以前は「メモリ」と表記されることもあった。カタログ類やソフトのパッケージには 「RAM」(ラム)と書いてあることも多い。

 厳密にいうと、メモリーと RAM は意味が違う。しかし、普通にパソコンを使う上では同じと思って差し支えない。ちなみに RAM は Random Access Memory の略で「いつでも書き込みできるメモリー」といった意味。

 なお、ここで説明しているメモリーは、いわゆるメインメモリーのこと。このほかに、キャッシュメモリーやビデオメモリー、フラッシュメモリーといったものもある。それぞれ別のページで説明しているので、必要に応じて見てほしい。

 さて、メモリー(メインメモリー)の役目は何か。パソコンのソフトやデータは、ハードディスクに保存されている。そしてパソコンを起動すると、パソコンを動かすために必要なデータがメモリーに呼び出される。ソフトを起動すると、そのデータもメモリーに置かれる。そして、メモリーにあるデータがCPUに送られて計算や処理などが行われる。その結果がメモリーに返ってくる。

 このためメモリーは、よく架空の作業机に例えられる。つまり、そのときどきに必要なデータを広げておく場所だ。作業机が狭いと、たくさんの道具や資料を置けない。同様にメモリーの容量が少ないと、たくさんのデータを置けないのでパソコンの使い勝手が良くない。

 今は、標準で1~8GBのメモリーを搭載したパソコンが多い。後から追加できることが多いので、足りないようなら自分で増やすといい。ただし古めの機種だと、搭載できるメモリー容量に制限があることがあるので注意が必要だ。

 特にノートパソコンの場合、使用中のメモリーを外して容量の大きなものに付け替えたり、一度しか追加できないことが多いので、増やすときは思い切って増やそう。

 メモリーを増やすとき、具体的にはDIMMと呼ばれる小さな基板をパソコン本体の中に付け足す。メモリーには種類があって、間違えると使えない。買いに行くときは自分が使っているパソコンの正確な機種名を覚えておこう。そして、店員さんに確認して買うと安心だ。ノートパソコンは、それぞれの機種にあわせた専用の DIMM を使うことが多い。

Rの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top