用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PiTaPa】

  • ピタパ

 主に、関西圏の鉄道やバスなどに乗車できる非接触ICカード。また、電子マネーとして売店や自動販売機などで買い物ができる。一部、東海や中国地方でも利用できる。

 PiTaPa(ピタパ)は、Postpay IC for "Touch and Pay" の略とされている。サービス開始は、2004年8月。基本機能だけの PiTaPaベーシックカードと、クレジットカードやポイントカードの機能を追加した PiTaPa提携カードがある。

 利用イメージは、Suica や PASMO、ICOCA などの ICカード型乗車券と同じ。しかし一点、決定的に異なるところがある。それは、他の IC乗車券が先に利用代金をチャージ(入金)しておくプリペイド方式なのに対して、PiTaPa は後払いのポストペイ方式が採用されている。

 プリペイド方式だと、残金が減るたびにチャージしないといけない(一部、自動的に追加チャージされるカードもある)。しかし、ポストペイ方式だと残高を気にしないで乗車したり買い物したりできる。

 ただし利用金額に上限があって、交通サービスは 1ヶ月合計で 15万円まで、買い物等は 1日3万円かつ 1ヶ月5万円まで。また、通常のクレジットカードと同様、発行時に与信審査がある。

 現在は、ICOCA の対象エリアで相互利用が可能になっている。しかし、ICOCA はプリペイド方式なので、この機能を利用するときは事前にチャージが必要だ。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top