用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PSDファイル】

 アドビシステムズ社のグラフィックソフト、フォトショップ(Photoshop)に対応したファイル形式。拡張子は、psd になる。

 画像のファイル形式というと、JPEG や GIF、BMP、TIFF などがある。しかしこれらは、どれも一枚の絵や写真として画像を保存する形式。そのため文字が含まれていても、後から書き直すのは難しい。

 一方、プロのデザイナーが印刷物などを作るときは、フォトショップやイラストレーターといった高機能グラフィックソフトを使うのが普通だ。こうしたソフトで作成した画像は、対応したソフトで開けば後から修正や変更ができる。

 で、フォトショップで作ったファイルを、そのまま標準のファイル形式で保存すると PSDファイルになる。逆に、PSDファイルを開こうと思ったらフォトショップが必要になる。

 ただし、フリーソフトの中には、フォトショップがなくても PSDファイルを開けるものがある。とはいえ、ファイルを開いて見るだけで編集加工まではできないケースが多い。

 最近はインターネット上で、完成された画像だけでなく、後から編集可能なフリー素材として PSDファイルのカタチで提供されているデータがある。こうした素材があるのはありがたいけど、それを開いて利用するには対応したソフトが必要だ。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top