用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PIAFS】

  • ピアフ

 PHS を使ってデータ通信するための規格。この規格に対応した機器を使うと、32kbps あるいは 64kbps の通信速度でインターネットなどに接続できる。

 PIAFS は、PHS Internet Access Forum Standard の略で「ピアフ」と読む。

 一般の電話回線(アナログ回線)では、56kbps の通信速度が限界だった。また、PIAFS が普及したころの携帯電話では、9.6kbps が一般的だった。というわけで、外出先からノートパソコンや携帯情報端末でインターネットや会社の LAN に接続したいときは PIAFS対応の PHS を使うほうが速かった。

 利用するには、まず PIAFS対応の PHS端末(電話機)が必要だ。そして、PHS端末とパソコンを PCカードと専用ケーブルで接続する。あるいは、ノートパソコンの PCカードスロットや PDA の CFカードスロットに挿して使える PIAFS専用の PHS端末もある。

 さらに、接続する先が PIAFSに対応している必要がある。インターネットに接続する場合は、契約しているプロバイダーの PIAFS対応のアクセスポイントに接続する。PIAFS対応のアクセスポイントがないプロバイダーでは利用できない。

 会社の LAN などに接続する場合は、LAN に PIAFS対応の TA などを接続して必要な設定をしておく必要がある。

 同じ方法で、自宅のパソコンに接続することもできる。たとえば自宅のデスクトップパソコンに保存してある文書を、外出先で手元のノートパソコンに呼び出すといったことができる。ただし、自宅のパソコンの電源が入っている必要がある。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top