用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【PAP】

 ユーザーID とパスワードを使って本人確認(認証)を行う方法のひとつ。かつて、主に電話回線を使って PPP方式でインターネットに接続していたころよく使われていた。

 PAP は、Password Authentication Protocol の略。

 PAP の特徴は、パスワードをそのまま暗号化していない状態(平文)で送ること。そのため、途中で傍受されると簡単に分かってしまう。つまり、安全性は低い。

 しかし当時は、電話回線を通じて接続先にパスワードを送っていたので、平文のパスワードが通過するのは電話回線の区間だけ。そして電話回線は、本来のインターネット回線と違って開かれた回線ではないので、一定の実用性があった。

 なお PPP では、より安全性の高い認証方式として CHAP を使うこともある。

Pの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top