用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【OSS】

 OSS は Operation Support System(オペレーション・サポート・システム)の略で、携帯電話などの通信サービスを提供している事業者(キャリア)がサービスを構築し、運営していくために必要なシステム(機器やソフトウェア、仕組みなど)の総称。

 たとえば従来の電話サービスでも、不特定多数の電話利用者がいろいろなところから電話をかけてきて、それを的確に相手につなぐために複雑な回線(アクセスネットワーク)が張り巡らされてきた。

 これが携帯電話になると、街中の基地局(アンテナ等の設備)を通じて電波をつなぎ、それを有線で電話局につなぐ。さらに、相手方の端末(携帯電話機)へも、街中の基地局を通じて接続される。

 しかも今は、G3 や LTE など規格の違う回線が混在しているし、音声通話、データ通信、インターネット接続などさまざまなサービスが同時進行で利用されている。

 こうした複雑な通信サービスを安定的かつ効率的に提供し続けるために、通信事業者の業務を運営管理するシステムが注目されている。そして、こうした運営管理システムを OSS と呼んでいる。

 OSS の重要性はますます高まっていて、いかに効率のいいシステムを構築するかが、通信会社の運営コストやサービス品質に大きく影響する。携帯電話以外の通信サービスでも同様だ。

 なお、実際に通信サービスを提供して行くには、利用者への課金や請求など実務寄りの情報管理も必要になる。こうした業務を支えるシステムを Business Support System (ビジネス・サポート・システム)といって BSS と略す。

Oの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top