用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【OSPF】

 複数のコンピュータ・ネットワークを経由してデータを送るとき、最適ルートを見つけるためのプロトコル(通信上のルール)。Open Shortest Path First の略。

 比較的小規模なネットワークでは、経由するルーターの数が少ないほど最短ルートと判断する RIP方式が使われている。しかし、大規模で複雑なネットワークでは OSPF が採用されることが多い。

 OSPF の場合、各ルーターがネットワークの構成を把握していて、その情報をルーター同士で交換している。そして経由するルーターの数だけでなく、回線の帯域幅なども勘案して最適ルートを選ぶ。

 RIP と OSPF の違いを車が走る道路に例えていうと、以下のような感じ。カーナビのルート選択をイメージしてもらうといい。

 RIP の場合、通過する交差点の数が少なくて、走行距離が短いルートが選ばれる。しかし途中に、狭い道や、いつも渋滞している交差点があると、この方式で選ばれた道が必ずしも最適ルートとは限らない。

 OSPF の場合、少し走行距離が長くなったり通過する交差点の数が増えても、道幅が広くて渋滞の少ないルートを選んでくれる。そのためには、RIP よりきめ細かな情報を持つことと、複雑な判断が必要になる。

Oの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top