用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Not Found】

  • 404エラー
  • HTTP 404
  • ファイル未検出
  • ページが見つかりません

 インターネットのホームページが開けないとき表示されるエラーメッセージ。いろいろな呼び方や表記があるけど、結局のところ「ホームページ(のデータ)が見つかりません」という意味だ。

 ホームページのデータは、ウェブサーバーと呼ばれるコンピュータに保存されている。そして、手元のパソコンから「このページが見たい」という命令を送くると、ウェブサーバーが対応したページのファイルや画像を送り返す。

 このとき「どのページか」を指定する命令(記号)をURLという。URLは、インターネット上の住所のようなもの。そして、この命令はhttpという技術的な約束に基づいて送られる。

 ところが、ウェブサーバーの中に指定されたURLに対応するデータがないと送り返すことができない。そのため、ホームページのデータの代わりに「404 Not Found」といったメッセージを送り返す。これを一般に「404 エラー」と呼んでいる。404はエラーの番号。つまり、http という技術的な約束の中で発生するエラーの404番といった意味だ。

 普通は、ブラウザーに用意されている無愛想なメッセージが出ることが多いけど、独自に親切なメッセージや面白いメッセージを用意して表示させることもできる。個人ホームページでは、ホームページの移転案内などをわざわざ404エラー風にして遊んでいることもある。

 さて、404エラーが出る理由はいろいろある。まず、URL(ホームページのアドレス)を手で入力した場合、入力ミスがあった可能性がある。URLが1文字でも間違っていると、ホームページは表示されない。

 ホームページ上のリンクや、検索サイトの結果一覧から開いたのに 404エラーが出る場合は、そのページが削除されてしまった可能性が高い。この場合、残念ながら、もうそのページを見ることはできない。

 ただしリンクの場合、文字や画像に埋め込まれている(設定されている)URLが間違っている可能性もある。また、ウェブサーバーの中でデータの保存場所が変更された可能性もある。これら場合は、そのサイトのトップページ(本来の意味のホームページ)から探すと見つかることがある。

Nの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top