用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【NTカーネル】

 NTはウィンドウズNTのこと。カーネルは基本ソフトの中核部分。つまりNTカーネルは、ウィンドウズNTの中核部分のこと。しかし、もう少し広い(深い)意味で使われることがある。

 従来、個人向けのパソコンでは、主にウィンドウズ95、ウィンドウズ98、ウィンドウズMeといった基本ソフトが使われてきた。一方、企業向けのパソコンでは、ウィンドウズNTやウィンドウズ2000が推奨されてきた。

 この、95→98→Meというラインと、NT→2000というラインには根本的な違いがある。95→98→Meの方は、内部に古い仕組みを持ったまま機能を増やしてきた。そのため動きが不安定になることも多かった。これに対して、NT→2000の方は安定性と信頼性が高い。

 この違いは、根本的にはカーネルの違いによるものだ。そして、当初、ウィンドウズNTのために開発された高性能なカーネルをNTカーネルと呼んでいた。ウィンドウズ2000はウィンドウズNTを進化させたもので、カーネルもNTカーネルの進化版を使っている。これを、ウィンドウズ2000カーネルということもある。

 ウィンドウズXPのカーネルは、家庭向けのホームエディションも企業向けのプロフェッショナルもNT→2000の後継版になる。そしてこの、NT→2000→XPと進化してきたカーネル全体をNTカーネルと呼ぶことがある。

 なお、ウィンドウズXPが登場したことで、95→98→Meと進化してきたカーネルは役割を終えた。つまり、ウィンドウズMeのカーネルを引き継いだ基本ソフトは存在しない。

Nの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top