用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【MCA Master】

  • MCA

 マイクロソフトが認定している資格試験のひとつ。Microsoft Certified Associate(マイクロソフト・サーティファイド・アソシエイト)の略。

 マイクロソフトはほかにも、MCP、MOUS、MOT、MSS といった資格の認定を行っている。

 なかでも MCP は、業務用のマイクロソフト製品の専門家を認定する試験として人気もレベルも高い。MCP は、主にシステムエンジニア、プログラマーといった技術者向けの資格だ。

 一方、MCA はエンジニアや IT関連のコンサルタント、すでに別の分野の専門技術を持ちながら IT技術をプラスしたい人が対象になる。MCP の範囲を拡大したような感じで、試験の内容も対象となる人も広がっている。

 そして、ITの基本理論、マイクロソフト製品の知識、ITを効率的に活用する(ソリューション)知識が求められる。こうした能力を持った人を、マイクロソフトは「新しい ITプロ」としている。

 なお、MCA には MCA OS・ネットワーク、MCAデータベース、MCAアプリケーション構築の3科目があって、すべて取得すると MCA Master の称号を得ることができる。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top