用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【MACアドレスフィルタリング】

 無線LAN の安全性を高めるために使われている技術のひとつ。

 MACアドレスというのは、LANの接続部品に割り振られている固有の番号。世界中を探しても、同じ番号が重複しないようになっている。

 無線LAN では、アクセスポイント(親機)に通信可能なパソコンの MACアドレスを登録できる。逆にいえば、MACアドレスが登録されていないパソコンは接続できない。

 接続するパソコンを追加する場合は、そのパソコンの MACアドレスをアクセスポイントに登録しないといけない。ちょっと面倒だけど、安全性は高まる。

 ただし、すでに接続しているパソコンとアクセスポイントとの通信内容を分析すると、MACアドレスを特定することができる。そして、見つけだした MACアドレスを使って、別のパソコンからその無線LAN に接続することが可能だ。そのため MACアドレスフィルタリングは、ある程度はセキュリティ機能として有効だけど、完全とはいえない。

Mの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top