用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【L2スイッチ】

  • レイヤー2スイッチ

 一般的なコンピュータ・ネットワーク(LAN)で、通信相手を切り替える機能を持った集線装置。実質的に、スイッチング・ハブと呼ばれる機器に近い。あるいは、ほぼ同義とされることもある。

 最近は、コンピュータ・ネットワークが大型化あるいは複雑化しているため、いわゆるハブではなくスイッチと呼ばれる装置を使うことが多くなっている。L2スイッチも、そうしたネットワークスイッチの一種。

 L2 は、OSI参照モデルのレイヤー2(レイヤ2)、つまり第2層のこと。そのため、レイヤー2スイッチ(レイヤ2スイッチ)ともいう。OSI参照モデルは、複数のコンピュータを相互接続してデータをやり取りするための仕組みを 7階層(レイヤー)に分類して定義したもの。

 OSI参照モデルのレイヤー2(第2層)は下から 2番目なので、かなり基本的な部分になる。そして、このレイヤーで規定されたデータは、同一のネットワーク内なら相手を特定して通信が可能だ。

 具体的には、ハブやスイッチの各LANポートと、その先に接続された機器の MACアドレス(それぞれの通信装置特有の識別番号)を比較参照して通信先を特定する。

 現在は、大規模なスイッチに接続された機器をグループ化して仮想的に複数の LAN として運用することもできる。L2スイッチの場合、こうした状況ではグループ化された同一の LAN の中だけで通信が可能。

 L2スイッチで、別のグループや外部のネットワークと通信するにはルーターと呼ばれる機器に接続する必要がある。なお、このルーター機能を併せ持ったスイッチは L3スイッチと呼ばれている。

Lの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top