用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【JavaVM】

  • ジャバ仮想マシン

 Javaというプログラム言語で作ったソフトを動かすための土台となるプログラム。JavaVMのVMは Virtual Machine の略で、それを日本語にして「ジャバ仮想マシン」という。

 普通のソフトは対応した基本ソフトが決まっていて、別の基本ソフトの上では動かすとことができない。たとえばマッキントッシュ用のソフトをウィンドウズパソコンで使うことはできない。しかし、Javaで作ったソフトは、いろいろな基本ソフトの上で動かせることが大きな特徴になっている。

 たとえばインターネットのホームページを見るためのブラウザーソフトには、インターネット・エクスプローラとネットスケープ・ナビゲーターがあって、それぞれウィンドウズ版、マッキントッシュ版、ユニックス版がある。そして、Javaで作ったアプレットと呼ばれるソフトは、どのブラウザーの上でも動かすことができる。

 これは、それぞれのブラウザーの中に、ジャバ仮想マシンと呼ばれるプログラムが組み込まれていて、このジャバ仮想マシンを通じて実行されるから。仮想のマシンなので、機械や部品などのハードウェアではない。

 ただし、この仕組みには難点もある。普通のソフトは、すぐに実行できる形で提供されている。しかし、Javaアプレットの場合はジャバ仮想マシンによって、その都度、実行する形式に変換しながら動く。たとえていうなら、英語から日本語に翻訳しながら話をしているようなもの。そのため、ちょっと反応が遅い。

Jの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top