用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Java SE】

  • Java Platform Standard Edition

 Java Platform Standard Edition(ジャバ・プラットフォーム・スタンダード・エディション)を略して Java SE(ジャパ・エスイー)という。

 Java は、サン・マイクロシステムズという会社が作ったプログラム言語のひとつ。当初は、インターネット向けソフトを作るのに適した言語として注目されたけど、実際にはサーバー向けから小型の情報機器向けまで、さまざまなソフトウェアを開発できる。

 Java は現在、標準的なプログラム言語のひとつといっていいほど普及していて、その分、機能も複雑になっている。そして、実際にソフトウェアを開発する際は、Java 本体だけでなく関連したツール(プログラム)が必要になる。このようなツールをひとまとめにしたものを通常、SDK と呼んでいる。

 Java の SDK は当初、JDK と呼ばれていた。それが進化して J2SE(Java 2 Platform Standard Edition)になり、さらにバージョンアップして現在の Java SE(Java Platform Standard Edition)になっている。

 Java SE は、通常のパソコン向けソフトを作るのに適した開発キットで、現在の標準版といえる。ほかに、サーバーなどで使う機能を追加した企業向けの Java EE、携帯電話や携帯情報端末など小型機器向けソフトの開発に適した Java ME がある。

Jの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top