用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Java ME】

  • Java Platform Micro Edition

 Java Platform Micro Edition(ジャバ・プラットフォーム・マイクロ・エディション)を略して Java ME(ジャパ・エムイー)という。

 Java は、サン・マイクロシステムズという会社が作ったプログラム言語のひとつ。当初は、インターネット向けソフトを作るのに適した言語として注目されたけど、実際にはサーバー向けから小型の情報機器向けまで、さまざまなソフトウェアを開発できる。

 Java は現在、標準的なプログラム言語のひとつといっていいほど普及していて、その分、機能も複雑になっている。そして、実際にソフトウェアを開発する際は、Java 本体だけでなく関連したツール(プログラム)が必要だ。このようなツールをひとまとめにしたものを通常、 SDK と呼んでいる。

 Java の SDK は当初、JDK と呼ばれていた。それがバージョンアップされて、現在は Java SE(Java Platform Standard Edition)が標準になっている。Java SE は、通常のパソコン向けソフトを作るのに適した開発キットだ。

 しかし、携帯電話や携帯情報端末、デジタルテレビといったパソコンより性能が低い機器に向けたソフトウェアを開発するには、Java SE は機能が多すぎる。そこで、こうした機器に向けた、より軽快なソフトを作るために提供されているのが Java ME である。

 ほかに、サーバー用ツールなど企業向けの機能を拡張した Java EE がある。

Jの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top