用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IrDA】

  • アイアールディーエイ
  • 赤外線通信

 ケーブルで接続しなくても、赤外線を使ってデータの送受信ができる機能、あるいは規格。IrDA は、Infrared Data Association の略で、この規格を作った団体名でもある。

 この機能は、かつて主にノートパソコンに採用されていた。昔のノートパソコンを持っている人は、本体の脇や背面を探してみよう。テレビのリモコンの受信部と同じような黒い面があるかもしれない。

赤外線通信機能を持った他の機器と、この黒い面を向き合わせてデータの送受信ができる。ケーブルで接続する必要はない。黒い面を向き合わせて近づけるだけでいい(機器によっては事前に設定が必要)。

 そのため一時は、ノートパソコン、ハンドヘルドPC、デジタルカメラなどに装備されて、普及が期待された。赤外線通信に対応した公衆電話も登場した。しかし、無線LAN やブルートゥースなど電波を使った方法が主流になって赤外線通信はすたれた。

 現在は、携帯電話機やスマートフォンの端末同士でデータ交換するための機能として生き残っている。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top