用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IPS液晶パネル】

 液晶パネルの一方式。最近の液晶テレビの、一部機種で使われている方式である。IPS は、In-Plane-Switchng の略で「横電界」という意味。

 今は、パソコンのディスプレイも、薄型テレビも、液晶が主流だ。ほかにも、携帯電話や PDA 、携帯型ゲーム機など、液晶パネルを搭載している機器が多い。

 液晶は、半液体の中に液晶分子が入っていて、それに電気をかけると液晶分子の向きが変わる。その結果、光を通過させたり遮断したりできる。つまり液晶は、光をコントロールするシャッターのようなものだ。

 液晶にも、いくつかの種類がある。電気がオフのとき黒になってオンにすると白になるもの、逆に、オフのとき白でオンにすると黒くなるものもある。

 VA方式の液晶パネルは、電気がオフのとき黒で、オンにすると白になる。もちろん、この中間の状態もある。

 特徴としては、視野角が広い。以前の液晶パネルは、斜めから見ると非常に見にくかった。しかし、IPS液晶パネルは視野角が広く、斜めから見ても映像が美しい。また、どの状態でも応答速度のバラツキが少なく、発色もいいとされている。

 一方で、黒の状態でも光が漏れやすく、純粋な黒を表現しにくい。そのためコントラスト比も、あまり高くできない。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top