用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IP接続サービス】

  • フレッツ・ISDN
  • フレッツ・アイ

 NTT東日本/NTT西日本が提供している、ISDNによるインターネット接続向けの定額料金サービス。

 まず、名称について。このサービスは、1999年11月に東京と大阪の一部で試験的に、(仮称)「IP接続サービス」として始まった。そして、2000年5月から東京23区と大阪の市部にサービスエリアが拡大され、このとき名称が「フレッツ・アイ」になった。そして、2000年7月に「フレッツ・ISDN」に変更されている。

 なお「IP接続」というのは一般的な技術用語で、別のページで説明しているので必要に応じて見てほしい。

 さて、フレッツ・ISDNの内容だけど、名前からも分かるように、このサービスを利用できるのはISDN回線(INSネット64など)だけ。一般の電話回線(アナログ回線)では利用できない。

 料金は定額制で、何時間でもインターネットに接続できる。ただし定額料金の対象になるのは、インターネット接続のためにNTTから指定された番号にかけた分だけ。基本料金と、通常の通話料や通信料は別に発生する。

 また、プロバイダー料金も必要。フレッツ・ISDNに対応させた定額料金制を導入しているプロバイダーも多い。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top