用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【INSネット64】

  • ISDN
  • アイエスディーエヌ

 1回線で2回線分として使えて、インターネット接続も少し速くなるデジタル方式の電話回線。

 1回線で 2回線分として使えるということは、インターネット接続中も電話が使えるということだ。もちろん電話中にファクスを送ったり、ふたつの電話機で別々の相手と話すこともできる。

 インターネットが速いというのは、普通の電話回線(アナログ回線)より通信速度が速くなるということ。一般的な接続方法で 64kbps、2回線を同時に使う方法(MP)だと 128kbps まで対応できる。

 ISDN は、最寄りの NTT に連絡すれば引ける。いま使っている普通の電話回線から切り換えることもできる。通話料は普通の電話と同じ。ただし同時に 2回線を使えば、その間は2回線分の通話料がかかる。

 ISDN を利用するには、DSU と TA(ターミナル・アダプター)という機器が必要になる。今は、DSUを内蔵したTAが多い。また、TA の代わりにダイアルアップルーターという機器を使うこともできる。この場合、複数のパソコンから同時にインターネットに接続できて便利だ。

 さて以上の説明は、ISDN の中でもNTTが提供している「INSネット64」というサービスに関するもの。ISDN は本来、デジタル式の電話回線の世界規格で、Integrated Services Digital Networkの略。

 以前、日本では「INSネット1500」というサービスもあった。しかし、これは光ファイバーを引く必要があり、企業向けのサービスだった。現在、日本で単に ISDN と書かれていたら INSネット64 のことだと思っていい。

 なおその後、ADSLという技術を使った高速インターネット接続も普及した。しかし ADSL は、ISDN では利用できない。ISDN を使ってる人が ADSL を利用する場合は、アナログ回線に戻す必要がある。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top