用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【IMAP4s】

  • IMAP over SSL

 インターネット経由で送られてきた電子メールを、メールサーバーから手元のパソコンに取り込む(受信する)とき、SSL という技術を使って暗号化し、安全性を高める技術。

 IMAP は Internet Message Access Protocol の略で、メールサーバーから電子メールを受信するときに使われているプロトコル。プロトコルは通信手順とも呼ばれ、データを送受信する際の約束事。以前は POP3 という方式が広く使われていたが、最近は IMAP の普及が進んでいる。

 よく言われるように、インターネットで送受信されるデータは、通常、何のガードもされていない。つまり、悪意を持った人が傍受すると、どんなデータが送られているか分かってしまう。これは、通常の電子メールでも同じだ。

 そこで、SSL という方法を使って送受信するデータやパスワード等を暗号化し、途中で傍受されても内容が分からないようにする技術が必要に応じて使われている。SSL は、Secure Socket Layer の略。

 この SSL を使って、メールサーバーから電子メールを取り込むときパスワードやメール本文を暗号化、安全性を確保する技術を IMAP over SSL という。略して、IMAP4s と書くこともある。IMAP4 の 4 は、バージョン4 という意味。

 IMAP over SSL を使うことで、他人が勝手に電子メールを送受信する「なりすまし」や、第三者による電子メールの改ざんを防ぐこともできる。

 IMAP over SSL を使うには、メールサーバーと電子メールソフト(メーラー)の両方が IMAP over SSL に対応し、有効に設定されている必要がある。ただし一度設定すれば、すべての電子メールに対して適用されるので利便性は高い。

 しかし電子メールは、①送信者のパソコンから送信者側のメールサーバーへ、②送信者側のメールサーバーから受信者側のメールサーバーへ、③受信者側のメールサーバーから受信者のパソコンへ、という 3段階を経て送られてくる。

 IMAP over SSL は、このうち③の部分しか対応できない。そのため、安全性の確保は限定的という意見もある。

 なお、POP3 に対応した POP over SSL という暗号化技術もある。また、電子メールを送る際に使う SMTP というプロトコルに対応した SMTP over SSL という技術もある。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top