用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ICOCA】

  • イコカ

 JR西日本が発行している非接触ICカードの名称。ICOCA(イコカ)は、IC Operating CArd の略だけど、「行こか」という意味も含まれている。基本技術として、ソニーが開発した FeliCa(フェリカ)を使っている。

 ICOCA を使って自動改札をとおり、電車に乗ることができる。非接触型なので、カードをパスケースなどに入れたまま、改札の読み取り機に軽く触れるだけでいい。

 ICOCA の基本機能は、乗車券と定期券。どちらの場合も使い捨てではなく、情報を書き換えたり、入金(チャージ)したりすることで繰り返し使える。

 運用開始は2003年11月で、現在は京阪神エリアと岡山・広島エリアで利用できる。JR線だけでなく、京阪神の私鉄や地下鉄、一部の路線バスでも利用可能。さらに、PiTaPa や JR東日本の Suicaエリア、JR東海のTOICAエリアでも使える。ただし、新幹線には乗れない。

 カードへの現金情報の補充は、ICOCA対応の自動券売機やチャージ機などで行うことができる。クレジットカードと連係させた SMART ICOCA なら、ICOCA対応の自動券売機やのりこし精算機で現金なしでチャージすることも可能。

 2005年10月からは、電子マネーとしても利用できるようになった。当初は駅内や駅ビル内の店舗が中心だったけど、今では駅外の商店街、量販店、コンビニ、自動販売機、コインロッカーなど、利用できる範囲が広がっている。

 12歳未満の子どもを対象とした、こどもICOCAもある。

Iの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top