用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【HomePNA】

  • ホームPNA

 家の中に配線されている電話線を使って、家庭内ネットワークを実現しようとしている団体。それと、その団体によって作られた規格。

 最近は、一家で複数のパソコンを持っていることが珍しくない。あるいは、ノートパソコンをあっちこっちの部屋で使いたいといったケースもある。こういった場合、家の中に、企業などで使われているコンピュータ・ネットワーク(LAN)を組むと便利なんだけど、実際にやろうとすると各部屋にケーブルを引き回すのが大変なことになる。

 そこで、すでに配線されている電灯線(コンセントから電気を供給するための線)や電話線を使って、簡単にネットワークを組めるようにしようというアイディアが生まれた。

 ホームPNAは電話線を使う方式で、アメリカのコンピュータ会社やネットワーク関連会社が中心になって標準規格を作っている。ちなみにHomePNAは、Home Phoneline Networking Alliance の略。この中に出てくる Alliance という単語は、アライアンスのページを見ると意味が分かる。

 ホームPNAを利用するには、パソコンに専用の基板(拡張カード)を組み込んで、各部屋のモジュラージャックに接続する。しかし今のところ、普及率は高くない。

 また他に、電灯線を使ったり無線を使って家庭内ネットワークを実現しようという規格も作られている。今後どの方式が普及するか、まだまだ分からない。無線方式に関しては、無線LANのページを参照してほしい。

Hの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top