用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【Hi-Speed USB】

  • USB 2.0
  • ハイスピードUSB

 2000年4月に追加された USB の規格。それ以前に普及していた USB 1.1 の後継規格になり、USB 1.0/1.1 が USB 2.0 に統合された。USB 1.0/1.1 と 2.0 は互換性があるため、コネクターもケーブルもそのまま使うことができる。

 USB 2.0 になってデータ転送の最大速度が 480Mbps に上がった。そしてこの速度を Hi-Speed USB(ハイスピードUSB)と呼ぶことがある。

 一般に、USB 2.0 のことを Hi-Speed USB ということが多い。しかし、USB 2.0 でも従来の 1.5Mbps(Low Speed USB)や 12Mbps(Full Speed USB)を使うことが可能。そして正確には、480Mbps の通信規格のことを Hi-Speed USB という。

 USB は当初、低速機器の接続が主な目的とされていた。しかし、2.0 になって記憶装置や記憶メディアを接続しても必要十分なデータ転送速度を得られるようになった。そのため、2.0 が登場してから USB接続の外付けHDD (ハードディスク)や外付け光学ドライブが普及した。

 現在は、より高速な USB 3.0/3.1 が規格化されている。互換性が保たれているため USB 2.0/3.0 両対応をうたう機器が多い。しかし実際は、コネクターのピン数が 4本から 9本に増えたため、3.0 対応のケーブルで 2.0 を使うことはできるものの、2.0 対応のケーブルで 3.0 対応の機器を使うことはできない。

Hの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top