用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【HPA液晶】

 液晶ディスプレイの方式のひとつ。

 液晶ディスプレイは、大きく分けてSTN(DSTN)方式とTFT方式がある。簡単にいうと、STNは安いけど表示性能はイマイチ。TFTは値が張るけど表示性能がいい。で、最近は圧倒的にTFT方式が多い。

 しかし、STN方式も進化を続けていて、その結果として生まれたのがHPAという方式。これは、High Performance Addressing(ハイ・パフォーマンス・アドレッシング)の略。

 従来のSTN方式には、コントラストが低くいとか反応が遅いといった難点がある。そのため、マウスカーソルを素速く動かすと見えなくなったり、写真などの表示が美しくなかったり、ゲームなどで映像の動きがギクシャクしたりといったことが起きる。

 HPA方式では、これらの点が改善されている。しかし、やはりTFT方式には及ばず、低価格のノートパソコンや液晶ディスプレイに採用されている。

Hの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top