HOME > 用語解説辞典 > Dの一覧 > DSP版

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【DSP版】

 自作パソコン用の部品と一緒に販売されているウィンドウズ。DSP は Delivery Service Partner の略で、販売代理店といった意味。

 メーカー製のパソコンを買うと、最初からウィンドウズが組み込まれている。しかし、自分で部品を買い集めて自作パソコンを組む場合は、ウィンドウズも新規に購入しないといけない。

 市販されているウィンドウズとしては、製品版パッケージがある。これは、1台のパソコンで使うこと以外は特に制限がないが、ちょっと値段が高い。

 一方、自作パソコンの部品を販売している店では、製品版パッケージのほかに DSP版のウィンドウズを扱っていることが多い。DSP版のウィンドウズは、OEM版の一種で、自作パソコンの部品と一緒の場合だけ買うことができる。そして、製品版パッケージより値段が安い。

 一緒に購入する部品は、マザーボード、CPU、メモリー、ハードディスク、光学ドライブ、拡張ボードなど。DSP版ウィンドウズは、これらの部品(どれかひとつでもいい)とセットで買うことが条件で、単体で買うことはできない。

 また、必ず買った部品と一緒に使わないといけない。たとえば CPU と一緒に買った場合、別の CPU に付け替えると DSP版ウィンドウズの使用権利もなくなってしまう。

 DSPは本来、パソコンの製造や販売を行っている業者のこと。こうした業者が仕入れて、自社製のパソコンに組み込んだり、部品と一緒に販売するためのウィンドウズが本来の DSP版の意味だ。

関連サービス
  • Biz-agora
  • WebARENA
  • Master'sONE
  • InfoSphere

Dの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

このページのトップに戻る

 

別ウィンドウで開きます ・・・リンク先の外部サイトを別ウィンドウで開きます。

ページの先頭へ